Tunnel Vision

 グーグルでは社内ミーティングを開催する際に、本当に必要なのかが問われます。単なる情報共有ならばメールでできます。ミーティングは議論するためのものですから、通常のミーティングでは8人程度の出席者が最大です。

 またミーティング時間は25分が基本です。定刻で終わらせるため、全員が全力投球するのが掟(おきて)です。24時間前までに議題が送られ、事前に資料などは目を通していることを理想とします。資料はすべてオンラインで用意されますので、ミーティングで配布物があることはまれです。

 議題と資料は事前にメンバーに提示されているので議論はすぐにトップスピードで交わされ始めます。そして終了時間5分前ごろに、実行しなければならない事項を整理してクロージング(まとめ)に入ります。まとめた結果はミーティング終了後速やかにメールなどで出席者同士で共有します。スピードがグーグルの命ですが、ミーティング一つとっても素早いテンポで進めることに強いこだわりがあります。

男女が一緒になるのは自然であるはずなのに、なかなか上手くいかない男女関係。

特に男性にとって、女心は複雑極まりないと悩むことも多いと思います。

そんな女性のことをいろいろ解き明かした(?)、男たちのジレンマをご紹介します。

1.
女が必要01
「女性をその気にさせる公式」


2.
女が必要05
「女性にキレイだと1000回言っても信じてくれないが、一度でも太っていると言えば、それを2度と忘れないんだ」


3.
女が必要06
「俺がタオルを床に放置すると、洗面所がぐちゃぐちゃよと言われる」


4.
女が必要02
「女性 vs 猫」
両方とも、オレの食事を食べていい。
両方とも、夜のお出掛けに行くか行かないを決められない。
両方とも、1日中寝ていていいが、起きているときはオレを寝かせてくれない。
両方とも、オレがプライバシーが欲しいときに構ってもらいたがる。
オレは両方の考えていることがわからないが、何かやらかしちゃって不機嫌なことはわかる。


5.
女が必要03
デザートはいらないって言ったよな。
だがオレのデザートの75%を食べたってことは、それはウソだったってことだ。


6.
女が必要07
「女性と猫」
なぜ女性が猫を好きなのか理解できない。
猫は独立しているし、人の話を聞かなければ、呼んだって寄ってこない。
一晩中外にいるのが好きで、帰ってきたらそっとされたがって寝るだけだ。

言い換えれば女性にとって、男性の我慢ならない部分のすべてが、猫だと好きなんだ。


7.
女が必要08
自分が知ってることは、女性と議論するには2通りの方法がある。そのどちらもうまくいかない。


8.
女が必要09
「議論しちゃいけない。絶対に勝てない。議論では女性に勝てないんだ。
不可能だ。なぜかと言うと、男性の話は筋が通っていなくちゃいけないという、それが理由で、もうハンデなんだ」
―クリス・ロック


9.
女が必要10
女性は1か月に1回、約30日ほどクレイジーになる。


10.
女が必要11
女性と議論することは逮捕されるようなもの。
その後、供述したことは不利な証拠として用いられる場合がある。


11.
女が必要12
女性を理解しようとしてはいけない。
女性は女性を理解していて、しかも彼女たちは嫌い合っている。


12.
女が必要14
鏡に映った自分は、こんな風に見えている。


13.
女が必要15
女性は群れで動く。


14.
女が必要16
女性は自分が気になる。


15.
女が必要17
「私たちは?」「女性よ!」
「何を求めてる!?」「わからないわ!」
「いつ求めるの?」「今よ!」


16.
女が必要18
いちいち眉毛を抜いて
また描く…。
それが女性のロジック。


17.
女が必要19
「太るからと自分の分を注文せずに、オレのを全部食べた」


18.
女が必要20
「女性がしたい2つのこと」
1:体重を減らす
2:食べる


ジョークが混じっているとはいえ、かなり正確に解き明かしている……(と思います)。

Women: Can’t Live with Them and Can’t Live Without Them

ほとんどの数学者がトポロジーを使ってポアンカレ予想を解こうとしたのに対し、ペレルマンは微分幾何学物理学の手法を使って解いてみせた。そのため、解の説明を求められてアメリカの壇上に立ったペレルマンの解説を聞いた数学者たちは、「まず、ポアンカレ予想を解かれたことに落胆し、それがトポロジーではなく微分幾何学を使って解かれたことに落胆し、そして、その解の解説がまったく理解できないことに落胆した」という[1]

kijitora-mama:

いかにして人生寝て過ごすか

allwillbeone:

To be honest, I really disappointed with death of Elspeth because she hope her own death for the sake of cheesy and abruptly romance with a manipulating male. She deserves more majestic death.

「百合」は英語でも「Yuri」です
アンサイクロペディアで「猫の肉球は神様のお供えものの桜餅を盗もうとしてひっついた」って書いてあってそれがたまらなく好きでな

(via cienono)

私が警察官だった頃に扱った様々な事件の犯人の中には「大相撲好き」とか「ガーデニングが趣味」とか、そういう人も一杯いたのだが、そういう話をすると、マスコミの人は露骨に「そんな話は聞いていない」という顔になった。要するに、人は「見たいもの」しか見ないし「見せたいもの」しか見せない。

い数カ月前には、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領を戦略の天才だと持ち上げることが1つの流行になっていた。

 米国の右派は、プーチン氏の安定感と自国大統領のいわゆる弱さを対比させた。チャールズ・クラウトハマー氏は「オバマvsプーチンというミスマッチ」と題したコラムで、「この大統領の下では、ロシアの方が米国より断然上だ」と言い切った。

 前ニューヨーク市長のルディ・ジュリアーニ氏は、プーチン氏の決断力を評価して「これぞリーダーだ」と持ち上げた。英国独立党(UKIP)を率いるナイジェル・ファラージ氏は、プーチン氏こそ最も素晴らしい世界的指導者だと思うと語っていた。

 マレーシア航空のMH17便が撃墜された今、こうしたお世辞はすべて的外れに見えて仕方がない。

犯罪者はフリー素材じゃねえよ?